2020年06月16日

川栄李奈、出産経て1年ぶりのドラマ出演は『BG』 木村拓哉と初共演が「心強い!」

1: 少考さん ★ 2020/06/12(金) 06:42:22.95 ID:qDGwhNSY9.net

川栄李奈、出産経て1年ぶりのドラマ出演は『BG』 木村拓哉と初共演が「心強い!」 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2164372/full/

2020-06-12 05:00

女優の川栄李奈が、テレビ朝日系木曜ドラマ『BG(ビージー)〜身辺警護人〜』(18日スタート、毎週木曜 後9:00※初回は拡大スペシャル 〜後10:14)の第2話(25日放送※拡大スペシャル 〜後10:04)にゲスト出演することが明らかになった。昨年に第1子出産を報告していた川栄は、約1年ぶりのドラマ出演。しかも“目の不自由な天才ピアニスト”という「すごく難しい役」に挑戦した。主演の木村拓哉とは初共演で、「木村さんのアドバイスがありがたく、心強いです!」とコメントしている。

(略)

■猛特訓の末、圧巻のピアノ演奏シーンを演じきる

第2話で、川栄が演じるのは、国際コンクールへの出場も控えている“目の不自由な天才ピアニスト”守尾恵麻。事務所の社長である実姉の献身的な支えと戦略も功を奏し、日本クラシック界の寵児となった。ところが、本人はハンディキャップを武器にした売り出し方など、姉のやり方に反感を募らせる日々…。姉に反発するだけでなく、なんと自らの死を招き寄せるような行動にまで出てしまう。この状況に危機感を覚えた姉の依頼で、章は恵麻をほかでもない“恵麻自身”から警護することになる。

川栄は「私自身にも姉がいて、今でこそ仲良しですけど、小さい頃は全然仲良くなかったんです(笑)。だから、恵麻とお姉ちゃんの温度感も理解できますし、昔の感覚を思い出しながら演じる日々です」と話す。ところが、ピアノとなると、話は別。ピアノ経験ゼロの川栄は、撮影前から猛特訓を受け、「音符も読めないし、どの鍵盤が『ド』かも分からないレベルなのに、先生から『鍵盤を見ずに弾いてください』って言われて…(苦笑)。本当に難しかったです」と、苦労を打ち明ける。

しかし、川栄は人一倍努力家だった。くじけることなく、膨大な時間を練習に割き、リサイタルのシーンも見事に演じきった。「ピアノは繊細。でも、私は力強くてガサツな性格で、それが演奏にも出ちゃう! 向いてないなぁって思いました(笑)」と、どこまでも謙虚に語るが、演奏シーンには彼女のほとばしる気迫が感じられる圧巻のシーンとなった。

■木村拓哉のアドバイスと場の和ませ方に感動

さらに、目の不自由な役も初挑戦となるため、視覚障害支援団体でも指導を受けたという。しかし、「見えていないと意識して演じていても、ついつい目が動いてしまったりして、すごく難しかった」そう。そんな彼女に手を差し伸べたのが、主演映画『武士の一分』(2006年)でも失明した役を演じた経験のある木村だった。

「毎回、リハーサルの後に『こうした方がいいんじゃない?』と、目線の動かし方や振り向き方を、理由と一緒に教えてくださるんです。木村さんのアドバイスがすごくありがたく、心強いです!」と川栄。「撮影合間にも気さくに、他愛もない話もしながら、場の空気を和ませてくださるので、すごくうれしいです。本当にスゴい方です!」と、感動していた。

((略)

省略していますので、全文はソース元を三唱して下さい。


3: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 06:45:02 ID:UNG8dbe40.net

結婚、出産を経てこのまま消えると思っていたが、表舞台に戻ってこれるのは素晴らしい


>>3
エイベックスの力です


>>6
演技も普通にできるし見た目も主役じゃない脇で使い勝手良いのはある
美人だとか身の丈にあってない役をやらせなければ生き残れるよね


9: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 07:04:32 ID:Y1DpV/ZV0.net

ゲストだろレギュラーじゃない
でも産明けで出られるって凄いなエイベ
見限らなかったんだな


12: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 07:12:42 ID:dRmoXf0r0.net

もういいだろ


13: 名無しさん@恐縮です 2020/06/12(金) 07:13:28 ID:tI6EgJsw0.net

頑張ってミルク代稼がなきゃね


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1591911742/
posted by まだおっち at 15:00 | Comment(0) | 川栄李奈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: